• 内科・小児科・生活習慣病超音波検査・予防接種・健康診断
  • 埼玉県ふじみ野市新田1-1-27

高血圧

高血圧とは

高血圧
  1. 心臓は体全体に血液を送り出しますが、その際に血管内壁にかかる圧力が血圧です。この圧力が基準値よりも高いと高血圧と診断されます。血圧を計測する場合、収縮期血圧(最高血圧)と拡張期血圧(最低血圧)の2つの数値を測定するわけですが、日本高血圧学会によると収縮期血圧が140 mmHg以上、拡張期血圧が90 mmHg以上の場合としています。なお1度その数値を超えただけでは高血圧の判断材料とはならず、同条件下で何度か測定し、それでも超えるという場合に高血圧と診断されます。
  2. 高血圧の原因は主に2つあると言われています。ひとつは、原因が特定できないとされる本態性高血圧です。このタイプは全高血圧患者さんの9割を占めるとも言われています。原因不明と言われてはいますが、現時点では遺伝的要因と不摂生な生活習慣(過食や塩分過剰の食生活、運動不足、喫煙、多量な飲酒、ストレス など)といったものが複雑に絡み合うなどして発症するのではないかとも考えられています。もうひとつは二次性高血圧で、これは他の病気(甲状腺疾患、副腎疾患、睡眠時無呼吸症候群 等)やステロイドの長期投与などが起因となって発症する高血圧です。
  3. なお高血圧が慢性的に上昇したことで、これといった自覚症状が出ることはほぼありません。そのため放置しやすくなるのですが、その間も高血圧によって心臓は血液を送る際に余分な負荷をかけなくてはならず、血管もその負荷に耐えなくてはならないので、柔軟さを捨て、硬直化するようになります。これが動脈硬化を招きます。このような状態は、血管をもろくさせ、内腔も狭まるなどして、血流を悪くさせ、血圧をさらに上昇させるようになります。それでもこれといった治療をしなければ、血管が詰まるなどして、脳卒中(脳梗塞、脳梗塞)、狭心症や心筋梗塞、心不全などの心疾患、腎不全や腎硬化症といった腎臓病といった合併症を引き起こすようになります。

治療について

  • 高血圧の治療の目的は血圧を下げることになります。そのために大切なのは生活習慣の改善(食事療法、運動療法)です。食事療法では、1日の食塩摂取量を6g未満とします。そして肉類や卵料理といったものは控え、魚や野菜、海藻、大豆といった食事を積極的にとるようにします。また、飲酒を嗜む方は節酒を肥満の方はカロリーをコントロールするようにします。運動療法につきましては、それほどハードな量は必要ありません。1日30分程度の有酸素運動(ウォーキングやサイクリング など)で充分ですが、できるだけ毎日継続的に行うようにしてください。また、ストレッチや軽い筋トレを合わせて行うと効果的ですので運動メニューに組み込むようにしてください。
  • 生活習慣の改善だけでは血圧のコントロールが困難という場合は、薬物療法(降圧剤)も併行して行います。高血圧の治療で用いられるのは5種類ほどあると言われていますが、1つの薬で充分な患者さんもいれば、何種類か組み合わせて服用する患者さんもいます。薬を飲み始めて血圧が下がったとしても自らの判断で服用をやめたりせず、必ず医師の指示に従ってください。

医院概要overview

所在地
〒356-0033 ふじみ野市新田1-1-27
電話番号
049-263-5941
診療科目
内科・小児科・生活習慣病超音波検査・予防接種・健康診断
院長
青木 正幸
最寄駅
ふじみ野駅、上福岡駅
休診日:木曜午後・土曜午後・日曜・祝日
診療時間 日祝
9:00~12:00
15:00~19:00
  1. Tel.049-263-5941
  2. PAGE TOP